2023年12月15日(金) 大分支援学校訪問

      

12月15日(金)に木島悠選手、高松大樹CRO、大野春佑主務の3名が大分県立大分支援学校を訪問して、高等部の生徒達で5ヶ月前に結成されたばかりという「フットサル部」のメンバーを対象にサッカー教室を開催しました。
まずは挨拶からですが、大分支援学校の生徒達はトリニータサポーターが多く、木島選手や高松CROをよく知っているとのことで、挨拶の際にも多くの生徒や学校関係者の方から声をかけていただきました。

フットサル部で普段からボールに馴染んでいる生徒達なので、準備運動でも早い段階からボールを使って身体をほぐします。

続いて行なったパス練習、コーンを使ったドリブル練習でも、普段から練習している成果ですぐにスムーズに動ける生徒も。
女子生徒も男子生徒に負けず頑張っています。

キーパーの位置を見て空いたコースに蹴る練習でも、しっかりとキーパーのいない方向に向かって蹴っています。

試合形式になると、普段の練習の成果に加えてのピンポイントアドバイスで、かなりサッカーらしい動きが随所に見られます。

全メニュー終了後の挨拶では、生徒自身が自発的に皆をまとめて、しっかりとしたお礼の言葉をいただきました。

挨拶の後は、生徒の皆さんにお願いされてミニサイン会の開催です。皆さんとても喜んでくれました。

まだ出来たばかりのフットサル部ということでしたが、顧問の先生をはじめ、サッカー経験のある先生方が熱心に指導されており、生徒達の「サッカーやフットサルが好きだ!」という気持ちがしっかりと伝わってきました。

学校関係者の皆様、今回のお声掛け本当にありがとうございました。
私達も次にお会い出来る機会を楽しみにしておりますので、次回のお声掛けをお待ちしております。

contact
MATCH