2023年12月14日(木) 大東リハビリテーションセンターもみの木

      

2023年12月14日(木)に、木島悠選手と池田達哉コーチの2名が、「社会医療法人 関愛会 大東リハビリテーションセンターもみの木」さんを定期訪問しました。

いつもは永芳監督が訪問していますが、今回は都合により木島選手の訪問となりました。
木島選手は初訪問となるため、まずは自己紹介から。

次に、サッカーボールを使った簡単な運動を行いました。
最初はボールを横の人に手渡ししたり、下に置いたボールを持ちあげて手を高く上げる練習です。

皆さん、とても高く腕が上がっていますね。
こういった簡単な動きをするだけでも体がポカポカしてきて、いい運動になっているのを体感出来ます。

次はボールを蹴る練習や、前の人にパスをする練習を行いました。
これも足腰を鍛えるにはとてもいい運動になります。

ボールを蹴る動きは座ったままだとやや難しいので、木島選手がサポートに回りました。

最後に、木島選手と池田コーチのジェスチャーを見て、利用者の皆さんが何のスポーツかを当てるゲームを行いました。
こちらの動画は、池田コーチが「レスリング」というお題を出したのに、レスリングの動きがよく分からず、勝手に「相撲」へとお題を変える木島選手の様子です
共に関西出身の二人は息もぴったりで、利用者さんの笑いを誘っていました。

 

終わった後に利用者さんと一緒に記念撮影。

今年のもみの木定期訪問は今回が最後となります。
コロナ禍ではずっとオンラインでのやり取りでしたが、今年は約3年振りに直接訪問の再開となり、利用者さんと直に交流出来る楽しさや大切さをあらためて実感しました。

もみの木の利用者の皆様、スタッフの皆様、2023年も本当に有難うございました。
また来年の訪問を楽しみにしております!

 

blog
contact