2024年1月22日(月) 宇佐市立四日市北小学校訪問

      

1月22日(月)に木島悠選手、岩﨑知瑳選手、宮地裕二郎選手、池田達哉コーチ、大野春佑主務、そして高松大樹CROの6名で、宇佐市立四日市北小学校を訪問し、サッカー教室を開催しました。

今回は「5年生」、「6年生」、「4年生」の順番にそれぞれ1限の中で出来るだけ多くの事が体験できる様にと、「試合」、「リレー」、「鬼ごっこ」、「応援」と4班に分け、時間を区切って全児童が全ての場所を回れるようにしました。

子ども達に楽しんでもらうには、「まず自分達が楽しむこと」を実践する岩﨑選手と池田コーチ。


子ども達数人に囲まれてもさすがのテクニックを見せる高松CROと、あきらめずに挑む子ども達。

何とかゴールを決めようと児童の編み出した「ボール・上履きダブルシュート」には大野主務も目を白黒。

サッカー教室の後はそれぞれ4~6年生の各教室にお招きいただき、児童と一緒に給食をいただきました。
6年2組の教室で「いただきます。」の号令をしたのは宮地選手です。六年生の教室では「いただきます。」の挨拶後、1分も経たずに男子児童のおかわりの列が出来る等、面白くもどこか懐かしい光景を見る事が出来て、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

みんなと一緒に給食をいただいた後は、少しの時間でしたがサインをしたりして児童のみんなと個別に交流しました。

木島選手の前には色紙やサッカーボールを持ったサイン待ちの長い列が出来ています。
今回、訪問のお声掛けをくださった先生とお話をさせていただいた際に、お礼の品を頂戴いたしました。
チームの練習等で有意義に使わせていただきます。本当に有難うございました。

また、今回の訪問が遠方の宇佐市ということを気にしておられましたが、私達の地域貢献活動は大きなくくりで見ていただきたいと願っていますし、もっと多くの地域の方に声を掛けてもらいたいと思っています。
今回もスポーツ選手との交流機会が楽しみだったという子ども達に大歓迎してもらえて、訪問した私達自身も非常に充実した時間を過ごすことが出来ました。

試合予定等で日程調整はさせていただく場合もありますが、是非今までお伺いしたことがない地域や学校等の各種施設関係者の皆様からのご連絡も心よりお待ちしております。

MATCH
supporter